浅草農園マガジン

#あまざけに関する記事

疲労回復と質の良い睡眠に甘酒を。 2018/4/15

疲れたときに一杯の甘酒。

↑ 【豆乳1:甘酒1 +バナナ1/2~1本】

豆乳とバナナ、どちらにも良質な睡眠に欠かせない「トリプトファン」を含んでいます。

 

———-

 

俳句の世界では、夏の季語だという「甘酒」。

何となくホカホカに湯気が出ている甘酒を想像しがちですが、昔から冷たい甘酒も一般的だったようです。今では気温が温かくなると冬ほどは飲まなくなるという方が多いですが、実は夏バテの気になるこれからの季節にこそ召し上がっていただきたいのです。

 

 

 

昔から栄養ドリンクのような役割で疲労回復のために甘酒を飲んでいたのは、エネルギー源である炭水化物を、麹の働きでブドウ糖にまで分解しているため体内に吸収しやすいこと、そして代謝を促すビタミンB群、筋肉疲労に効果的な必須アミノ酸などをバランスよく、豊富に含んでいるから。これが「飲む点滴」といわれる理由にもなっています。

また腸内環境をととのえる食物繊維、麹菌がもたらす抗酸化作用は美容、美肌、美腸など女性に嬉しい効果も盛りだくさん。

 

 



ぐっすり眠りたいときの甘酒。

↑ 【トマトジュース+甘酒】

酸味を効かせて、 トマトジュース2:甘酒1 の割合で。

レモン汁をキュッと絞るとさらに爽やかに。

トマトに含まれるGABAがストレスを鎮め、安眠を誘います。
さらに睡眠ホルモン「メラトニン」も含まれているので、甘酒とあわせて飲むとさらに効果的。

 

———-

 

疲労回復に関連して、甘酒は良質な睡眠にも威力を発揮します。

疲れやストレス、加齢などにより睡眠ホルモンの「メラトニン」は生成しにくくなるといわれています。疲れているのに眠れなかったり、目が冴えてしまうのは脈拍や体温、血圧を下げて眠るリズムをととのえるメラトニン不足のせい。

メラトニンはケール、トマト、生姜、バナナなどに含まれてはいるのですが、必要量をすべて食べ物から補うのは困難なので、体内で生成する必要があります。

 

 

そのメラトニンの素となるのが覚醒の脳内物質セロトニン。

セロトニンの生成には必須アミノ酸のトリプトファンとビタミンB6、そしてそれらを脳まで運ぶブドウ糖が必要となりますが、必須アミノ酸は体内で作ることのできない栄養素なので、食事からとることしかできません。

 

 

甘酒は必須アミノ酸トリプトファン、ビタミンB6、ブドウ糖、そのすべての成分を含んでいるため、セロトニンを生成して良質な睡眠をとるための睡眠ホルモンの分泌を促すことができるのです。

まさに、安眠のための救世主!

酒粕の甘酒と比較されがちですが、実は米麹の甘酒も睡眠の質と深い関係があるのです。



さらに睡眠の質を高めるために。

↑ 【豆乳1:甘酒1 +黒ごまきな粉(スプーン1杯)】

大豆をたっぷりとるならこのブレンドで。

浅草農園の甘酒は濃縮タイプ。他の素材と合わせても薄まらず割りやすいのが特徴♪

 

———-

 

睡眠の質を高めるには、大豆、バナナ、ナッツ類などのトリプトファンを含む材料を甘酒にプラスするのがおすすめですが、大豆から作られる豆乳ときな粉、そしてバナナはどれも甘酒と相性が良いのでよくアレンジして召し上がる方が多い定番。

浅草農園の「黒ごまきな粉」という商品も、甘酒にぴったりとリピーターが絶えない人気商品となっています。

 

 

しっかり疲れをとって、よく休むこと。

これが健康にも美容にも、何よりの近道です。

美味しくて使いやすい浅草農園の甘酒を皆様の体調管理にぜひお役立てくださいね。

 

ご注文は  ↓ こちらから ↓



浅草農園オリジナル甘酒(10袋セット) 品番:199
  • 2,980円(税込)【通常価格】
獲得ポイント: 29ポイント

黒ごまきな粉+浅草農園オリジナル甘酒10袋セット 品番:AS003
  • 3,520円 (税込)
獲得ポイント: 35ポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

浅草農園マガジンその他の記事